Chronicle (クロニクル)はストレートワームを使用したスイミングジグメソッド「i字スコーン」用に開発。

・ヘッド
楯のようなヘッドが適度に水を押し不安定に設定されたヘッドがストラクチャーとコンタクトの際にバランスを崩しやすく仕掛けの少ないストレートワームに繊細な動き、揺らめき、を艶かしく演出。
また丸めのヘッド形状がロック、ゴロタ、テトラ等のエリアでの潜り込みを防ぎ、スタックした場合にもロッドを煽ると外れやすく設定。

・スカート
襟巻き状のスカートはリーリング時に抵抗を生み出し浮き上がりを抑えレンジキープに貢献。

・ガード
弱めのガードセッティングはストラクチャーに「当てる」「擦る」「掠める」等で針先を保護する必要最低限なだけの張りに調整。
ガード付きでいてノーガードに近いフッキングを実現。

・太軸短めのフック
スイミングジグとしては小さめのフックがトレーラーの可動域を増やしバイト率を向上させる。
アッパー気味のフックポイントが巻きアワセでの深いフッキングを可能にする。

・ワームキーパー
ズレ防止用脱着可能ステンレス製フリーワームキーパー。

・使用法とシーズン
「i字スコーン」のベストシーズンは厳寒期~プリスポーン期まで。
ストレート系ワームをセットしてゆっくり丁寧に巻くスローロールに特化。
湧水の絡む枯れウィードエリア、地形、地質変化でのボトムでのスローロール。
マンメイドやロック、ゴロタ、テトラなどへのコンタクトスイム。
フィーディングで上がってきた個体にはもちろん、通常の撹拌系トレーラーの波動にスレ切ったシビアな個体やプリスポーンの個体にも実績あり。

・i字スコーン以外の使用法
Chronicleの十八番とも言えるストレートワームの「i字スコーン」以外にもシャッドテール(ロール系)、ツインテールグラブをセットしたスイミング、通常のジグとして、パワースピニングでのマンメイドへのスモラバ的使用なども可能。


「水を得た魚」の如くChronicle がストレートワームに命を吹き込み新たな歴史を刻む。

「水を得た魚」

19208
19207
19194
19193
19221
19220
chronicle
19207